いろんな悩みを解決する薬たち!気軽に使える育毛剤や抗うつ剤の紹介

blue shirt man with pill

やる気を出す薬

a black man using drugs

「何となくやる気が出ない……」
そんな日が続いている場合、うつ病の前兆である場合があります。早めに薬を飲んで対策をしていきましょう。
近年、うつ病の原因になるストレスが社会に多いということもあって、さまざまな抗うつ剤が開発され、中には通販で簡単に購入できるモノもあります(薬の通販については『個人輸入で購入』という記事に書いています)。それらの抗うつ剤を利用して、沈みがちで引っ込みがちになってしまった心を再び前向きに、上向きにしていきましょう。
特に、やる気が出ないという症状におすすめなのはルボックスという薬です。
特に、いろんなことを考えすぎて心がいっぱいいっぱいになってしまってひとつの物事に打ち込めず、やる気を喪失してしまうという人に効果がある薬として注目されています。
ルボックスの主成分はフルボキサミンマレインという物質で、この物質は脳に働きかけて神経伝達物質の分泌を促します。特に、「いろんなことを考えすぎて混乱する」という状態を落ち着かせるセロトニンという神経伝達物質の分泌を充実させる働きがあります。
うつの傾向にある人は、普通の状態だとたくさん分泌されているはずのセロトニンが「再取り込み」されてしまい、量が足りなくなった結果、脳が一種の混乱状態になってしまいます。ルボックスの主成分は、この「セロトニン再取り込み」を防いで、充分な量のセロトニンを分泌して脳の状態を正常に保つ働きがあるのです。

ページのトップへ戻る